インフォメーション

2016年2月

2016年2月の記事一覧です。

第4回団体会員のつどい~「かごしまの味」を考えるセミナー~を開催しました


団体会員を対象に、食や環境保護等に関する取り組みを学習する目的で、「第4回 団体会員のつどい」を開催しました。

つどいでは、今年度、実施した団体会員企画型事業を活用した4団体による活動報告に加え、「今、鹿児島県の食文化を次世代に継承するために何が必要か」と題して『「かごしまの味」を考えるセミナー(パネルディスカッション)』を実施し、鹿児島の食文化の歴史および伝統料理を次代に継承するための取り組み等について学習しました。

また、今回は、県が主催する「かごしまの味」制定普及事業において、県民投票にもとづき選ばれた「かごしまの味」の披露会を開催しました。

  • 日時 :平成28年2月16日(火)15:00~20:00
  • 場所 :城山観光ホテル
  • 参加者:団体会員等159名(78団体)、一般参加者 37名   計196名

 

「かごしまの味」パンフレットについては、「かごしまの食ウェブサイト」をご覧ください。

https://www.kagoshima-shoku.com/kagoshimanoaji

 

内容:

久保副代表による開会あいさつ

 

1. 団体会員企画型事業 活動報告会

4団体による創意工夫ある活動報告

  • 鹿児島女子短期大学
  • 鹿児島県農業会議
  • 鹿児島県漁業協同組合連合会
  • 株式会社山形屋

2. 「かごしまの味」を考えるセミナー(パネルディスカッション)
テーマ:「今、鹿児島県の食文化を次世代に継承するために何が必要か。」

28.2.16-3.png

パネリスト
  • 千葉 しのぶ 氏
  • 梛木 春幸 氏
  • 久留 ひろみ 氏
  • 福司山 エツ子 氏
  • 森永 靖子 氏

28.2.16-4.pngセミナーを聴講する参加者

 

3. 「かごしまの味」披露会
28.2.16-5.png伊藤知事あいさつ
28.2.16-6.png「かごしまの味」制定委員会 草野委員長あいさつ

4. 懇親会
28.2.16-7.png 参加者同士の親睦を深めました
28.2.16-8.png懇親会で出された「かごしまの味」の料理